Tagged: jmusic

0

【face-to-face / interview】Matarow Tsuyoshi

Matarow Tsuyoshi is a Japanese drummer who has worked with big names such Heath from X-JAPAN, Közi from MALICE MIZER, Hasegawa Tadashi from PLASTIC TREE, NAOKI from KAGRRA and among others. VerdamMnis has recently...

1

NoGod(ノーゴッド)

2016年3月30日に7枚目のスタジオ「Renovate」がリリースされました。King Recordsの事務所で、ボーカルの団長とギタリストのKyrieに、そのニューCDについてインタヴューをしました。 FR 🇫🇷 | EN 🇬🇧 NoGoDの音楽はクラシック・へヴィ・メタルからロック・バラードにまでわたっています。バンドはヴィジュアル系というジャンルではよく見られる極端なメイクでそのイメージを強調し、全体からノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。NoGoDを良く知らない人へ、バンドのスピリットをどのように表現しますか。 団長:良い表現ですね。日本で生まれたヴィジュアル系というムーヴメントは、過激なメイクだけでなく、芝居での演技も意味しています。つまり、ステージの立ち方やお芝居の進め方です。ヴィジュアル系のバンドやそれに付随するムーヴメントは広範囲にわたっています。私たちの場合だと、メイクに重点を置いていますが、トラディショナルなへヴィ・メタルやハード・ロック、よりクラシックなサイドの音楽をやっています。私たちは元々はヴィジュアル系のムーヴメントの一部でしたが、現在は二つの側面を持っていると思います。1つはNoGoDは”ヴィジュアル系”であり、もう1つは ”へヴィ・メタル・バンド”です。この二つのうちのどちらかを選んでもらうのは皆さんの好みに任せます。 主にどのようなものからインスピレーションをうけますか。 Kyrie : 多くのアーティストからインスピレーションは受けています。新作の「Renovate」について言えば、Bon Jovi, Mötley Crüe, AerosmithやGuns N Rosesからですね。 7枚目のスタジオアルバム「Renovate」の発売が3/30に発売されましたが、それについてお話しいただけますか。 団長:このアルバムは衝動でつくりました。元々の目的は、バンドのデビューから築いてきたすべてをアルバムに込めることでした。私たちのアーティスティックな進化を1曲数分間に込めた作品にしたかったんです。まさに私たちの音楽の歴史が詰まった結晶です。何曲かはバンドの初期のころを表すような古いスタイルが見られたり、それ以外は現在のNoGoDの音により近いと思います。個人的には「Renovate」は裏(another concept of the best album)ベスト・アルバムみたいなものです。ただ、全部新曲であるということ以外は(笑) なるほど。今回は2015年4月8日発売のベストアルバム 『Voyage~10th Anniversary Best Album』以降最初のリリースになりますが、 「Renovate」は古いものから新しいものを構築するという意味ですが、これには何か重要な意味があるんですよね。 Kyrie : はい、まさしくそうです。このアルバムでは元々原点に戻るつもりでした。つまり、私達の過去の作品にも存在している基本的なアイディアやスピリットが含まれています。 制作のステップを教えてくれませんか。...

0

【face-to-face /interview】girugamesh

girugamesh, a 4-piece band who plays loud and heavy music, has just released a brand new mini-album titled ‘chimera’. For the occasion, we met the band members in their rehearsal studio located in  their...

1

sukekiyo (スケキヨ)

SUKEKIYO (スケキヨ)はDIR EN GREYのメンバーである京によってつくられたサイドプロジェクト。2013年12月に結成し、その後他のメンバー達はFacebookやウエブサイトを通じ発表された。2014年4月30日に初アルバム「Immortalis」がリリースされた。彼らは現在、ツアー中の忙しい日々を過ごしている。パリのコンサートホール「Divan du Monde」でコンサートを行う前に、リーダーの京とギタリストのタクミにその新しいプロジェクトについてインタヴューをした。 FR 🇫🇷 | EN 🇬🇧 この新しいプロジェクトが生まれたのはDIR EN GREYのとても優れたアルバムリリースの後だった。なぜそのタイミングでSUKEKIYOに取り組んだのか? 京:んー、そこまでは考えていない。ただそのタイミングでやりたかっただけ。でも、よく考えてみれば、「Dum Spiro Spero」はすごいできだった。DIR EN GREYの特別、複雑な音楽を生むことができたと思う。いい意味でやりきった。だからこそ、休憩をして、他のプロジェクトを考えるにはいいタイミングだっただろう。 SUKEKIYOではDIR EN GREYと比べてどんな経験ができたのか? 京:DIR EN GREYだと、できないことがいっぱいある。例えば、歌えない曲がある。なぜなら、DIR EN GREYは独特な世界観、雰囲気。特別な音とビジュアルを持っている。しかも、5人でつくりあげたプロジェクトだ。だから、新しいことにチャレンジをしてみたくてSUKEKIYOを考えた。新しい環境の中で、新しい人とやってみたかった。この二つのプロジェクトは全く異なる世界を持ち合わせている。そして、DIR EN GREYの私ではない部分を見せたかったので、SUKEKIYOでその部分を伝えることにした。 ということは、DIR EN GREYとSUKEKIYOはあなたの二つのパーソナリティを表現している? 京:その通り。 SUKEKIYOの京を言葉で表現するとすれば、どういう人なの?...

0

【face-to-face / interview】CROSSFAITH

Japanese band CROSSFAITH welcomed us in a warm atmosphere in Sony studios in order to introduce its third studio-album. For those not acquainted with the band yet, could you tell us the story behind the...

0

【face-to-face / interview】VAMPS

VAMPS’ upcoming album is scheduled to be released in Europe within Autumn via Spinefarm Records / Universal Music, titled « Sex Blood Rock ‘n Roll », the CD will include re-recorded and remixed songs...