Tagged: heavy metal

1

NoGod(ノーゴッド)

2016年3月30日に7枚目のスタジオ「Renovate」がリリースされました。King Recordsの事務所で、ボーカルの団長とギタリストのKyrieに、そのニューCDについてインタヴューをしました。 FR 🇫🇷 | EN 🇬🇧 NoGoDの音楽はクラシック・へヴィ・メタルからロック・バラードにまでわたっています。バンドはヴィジュアル系というジャンルではよく見られる極端なメイクでそのイメージを強調し、全体からノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。NoGoDを良く知らない人へ、バンドのスピリットをどのように表現しますか。 団長:良い表現ですね。日本で生まれたヴィジュアル系というムーヴメントは、過激なメイクだけでなく、芝居での演技も意味しています。つまり、ステージの立ち方やお芝居の進め方です。ヴィジュアル系のバンドやそれに付随するムーヴメントは広範囲にわたっています。私たちの場合だと、メイクに重点を置いていますが、トラディショナルなへヴィ・メタルやハード・ロック、よりクラシックなサイドの音楽をやっています。私たちは元々はヴィジュアル系のムーヴメントの一部でしたが、現在は二つの側面を持っていると思います。1つはNoGoDは”ヴィジュアル系”であり、もう1つは ”へヴィ・メタル・バンド”です。この二つのうちのどちらかを選んでもらうのは皆さんの好みに任せます。 主にどのようなものからインスピレーションをうけますか。 Kyrie : 多くのアーティストからインスピレーションは受けています。新作の「Renovate」について言えば、Bon Jovi, Mötley Crüe, AerosmithやGuns N Rosesからですね。 7枚目のスタジオアルバム「Renovate」の発売が3/30に発売されましたが、それについてお話しいただけますか。 団長:このアルバムは衝動でつくりました。元々の目的は、バンドのデビューから築いてきたすべてをアルバムに込めることでした。私たちのアーティスティックな進化を1曲数分間に込めた作品にしたかったんです。まさに私たちの音楽の歴史が詰まった結晶です。何曲かはバンドの初期のころを表すような古いスタイルが見られたり、それ以外は現在のNoGoDの音により近いと思います。個人的には「Renovate」は裏(another concept of the best album)ベスト・アルバムみたいなものです。ただ、全部新曲であるということ以外は(笑) なるほど。今回は2015年4月8日発売のベストアルバム 『Voyage~10th Anniversary Best Album』以降最初のリリースになりますが、 「Renovate」は古いものから新しいものを構築するという意味ですが、これには何か重要な意味があるんですよね。 Kyrie : はい、まさしくそうです。このアルバムでは元々原点に戻るつもりでした。つまり、私達の過去の作品にも存在している基本的なアイディアやスピリットが含まれています。 制作のステップを教えてくれませんか。...

0

【face-to-face / interview】CRUCIFIED BARBARA

Swedes, CRUCIFIED BARBARA, are about to publish their fourth album-studio. Titled ‘In The Red’, it will follow ‘The Midnight Chase’ which was released in 2012. To celebrate this event, we met Klara Force and...