sukekiyo (スケキヨ)

SUKEKIYO (スケキヨ)はDIR EN GREYのメンバーである京によってつくられたサイドプロジェクト。2013年12月に結成し、その後他のメンバー達はFacebookやウエブサイトを通じ発表された。2014年4月30日に初アルバム「Immortalis」がリリースされた。彼らは現在、ツアー中の忙しい日々を過ごしている。パリのコンサートホール「Divan du Monde」でコンサートを行う前に、リーダーの京とギタリストのタクミにその新しいプロジェクトについてインタヴューをした。 FR 🇫🇷 | EN 🇬🇧 この新しいプロジェクトが生まれたのはDIR EN GREYのとても優れたアルバムリリースの後だった。なぜそのタイミングでSUKEKIYOに取り組んだのか? 京:んー、そこまでは考えていない。ただそのタイミングでやりたかっただけ。でも、よく考えてみれば、「Dum Spiro Spero」はすごいできだった。DIR EN GREYの特別、複雑な音楽を生むことができたと思う。いい意味でやりきった。だからこそ、休憩をして、他のプロジェクトを考えるにはいいタイミングだっただろう。 SUKEKIYOではDIR EN GREYと比べてどんな経験ができたのか? 京:DIR EN GREYだと、できないことがいっぱいある。例えば、歌えない曲がある。なぜなら、DIR EN GREYは独特な世界観、雰囲気。特別な音とビジュアルを持っている。しかも、5人でつくりあげたプロジェクトだ。だから、新しいことにチャレンジをしてみたくてSUKEKIYOを考えた。新しい環境の中で、新しい人とやってみたかった。この二つのプロジェクトは全く異なる世界を持ち合わせている。そして、DIR EN GREYの私ではない部分を見せたかったので、SUKEKIYOでその部分を伝えることにした。 ということは、DIR EN GREYとSUKEKIYOはあなたの二つのパーソナリティを表現している? 京:その通り。 SUKEKIYOの京を言葉で表現するとすれば、どういう人なの?...