NoGod(ノーゴッド)

2016年3月30日に7枚目のスタジオ「Renovate」がリリースされました。King Recordsの事務所で、ボーカルの団長とギタリストのKyrieに、そのニューCDについてインタヴューをしました。

FR 🇫🇷 | EN 🇬🇧

87967_a00e7

NoGoDの音楽はクラシック・へヴィ・メタルからロック・バラードにまでわたっています。バンドはヴィジュアル系というジャンルではよく見られる極端なメイクでそのイメージを強調し、全体からノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。NoGoDを良く知らない人へ、バンドのスピリットをどのように表現しますか。
団長:良い表現ですね。日本で生まれたヴィジュアル系というムーヴメントは、過激なメイクだけでなく、芝居での演技も意味しています。つまり、ステージの立ち方やお芝居の進め方です。ヴィジュアル系のバンドやそれに付随するムーヴメントは広範囲にわたっています。私たちの場合だと、メイクに重点を置いていますが、トラディショナルなへヴィ・メタルやハード・ロック、よりクラシックなサイドの音楽をやっています。私たちは元々はヴィジュアル系のムーヴメントの一部でしたが、現在は二つの側面を持っていると思います。1つはNoGoDは”ヴィジュアル系”であり、もう1つは ”へヴィ・メタル・バンド”です。この二つのうちのどちらかを選んでもらうのは皆さんの好みに任せます。

主にどのようなものからインスピレーションをうけますか。
Kyrie : 多くのアーティストからインスピレーションは受けています。新作のRenovateについて言えば、Bon Jovi, Mötley Crüe, AerosmithやGuns N Rosesからですね。

7枚目のスタジオアルバム「Renovate」の発売が3/30に発売されましたが、それについてお話しいただけますか。
団長:このアルバムは衝動でつくりました。元々の目的は、バンドのデビューから築いてきたすべてをアルバムに込めることでした。私たちのアーティスティックな進化を1曲数分間に込めた作品にしたかったんです。まさに私たちの音楽の歴史が詰まった結晶です。何曲かはバンドの初期のころを表すような古いスタイルが見られたり、それ以外は現在のNoGoDの音により近いと思います。個人的にはRenovateは裏(another concept of the best album)ベスト・アルバムみたいなものです。ただ、全部新曲であるということ以外は(笑)

なるほど。今回は2015年4月8日発売のベストアルバム 『Voyage~10th Anniversary Best Album』以降最初のリリースになりますが、 「Renovate」は古いものから新しいものを構築するという意味ですが、これには何か重要な意味があるんですよね。
Kyrie : はい、まさしくそうです。このアルバムでは元々原点に戻るつもりでした。つまり、私達の過去の作品にも存在している基本的なアイディアやスピリットが含まれています。

制作のステップを教えてくれませんか。
Kyrie : 歌のアイディアについては、いくつかは頭の中に7年や10年くらい前に頭に浮かんだもので、他にはわずか3カ月前に浮かんだものもあったりします。新作の曲創りは、まずメロディから選んでいきます、一番古いものから新しいものまで。それが済んだら、アレンジにかかります。構成や骨組み、オーケストレーションを取りまとめていく作業です。この再構成の後、団長が作詞に取り掛かります。そして、スタジオでレコーディングを行います。このステップはどのバンドにも共通していることです。

前作との共通点、相違点は何でしょうか。
Kyrie:共通点も相違点も私たちのアプローチにあります。Renovateと旧作の”Make A New World”のコンセプトでは、アルバム全体として、というより、曲ごとの主なアイディアに焦点を当てていました。一般的なガイドラインやメイン・テーマに合うようにはせずに、一曲一曲創っていきました。このようなアプローチはこの2作品の共通点です。ですが、『Make a New World』は全曲同時に書かれたのですが、Renovateでは何曲かは数年前だったり、『Make a New World』のリリース前に書かれたりしています!

「Renovate」のジャケットについて教えてください。どなたがデザインしたのでしょうか。
団長:実は、バンドのイメージを変えたかったのです。ゴシックな面はあったとは思いますが、完全に押し出すことはなかったので、何かを刷新(=renovate)する意味でも、もう少し美しく、ゴシックな感じがほしかったんです。それを私達のデザイナーさんに伝えて描いて貰いました。
Kyrie:アルバムのレコーディングの後すぐに、今までも私達のジャケットを手掛けてくれているデザイナーのハセガワさんに連絡しました。彼はRenovateというタイトルから『renovate=刷新する』というインスピレーションを受けて、新作のジャケット・デザインをしてくれました。

Print

新作から気に入っている曲は何でしょうか、理由もお聞かせください。
団長:私は 『キラー・クラウン』です。これはアルバムの中で一番狂気のある曲だと思います。この歌は殺人ピエロと知られるシリアルキラーのジョン・ゲーシーについて書いています。このような世界観は今まで一度もやったことのないことでした。しかしながら、シリアルキラーというトピックについて歌詞を書くのは創作活動において、興味深いことでした。
Kyrie:私は『光』が好きです。他の曲はアルバム制作に入る前後で作ったのですが、この 『光』はだいぶ後になって、ほぼアルバムの組み立て作業を終えた時にできました。個人的に気に入っています。

団長さん、 『キラー・クラウン』の歌詞についてもう少し詳しく教えていただけませんか。
団長:まず、このモチーフとなった人物がどう生きて考えていたかを調べてみました。彼は多重人格で、大変頭が良く見た目もちゃんとしていたようです。子供たちを楽しませるためにピエロの格好をしていたのですが、最終的にものすごく奇妙で、表現しがたい人物に変わってしまいました。ものすごく寂しい人だったんだと思います。決して犯した罪に関して肯定はしませんが、「彼の犯してきた犯罪へとつながった悲しさを表現したかったのです。誰も彼を救うことができず、一人ぼっちでした。是非歌詞の内容を読んでください。

Kyrieさん、アルバムの中でベストだと思うギター・ソロやリフはありますか 。
Kyrie:多くの曲がギター・リフをベースに作られています。しいていえば、6曲目の « 方舟 »です。ギター・リフなしではこの歌は存在しなかったと思います。ソロについていえば、 『VAMPIRE』のギターのエフェクトです。ギターのパートを念入りにつくりました。最初のギター・ソロがあり、続いてShinnnoが、そのあとベースの華凛と私のユニゾン・ソロが続きます。トラディショナルな構成ですが、このパートは弾くのが楽しいです。

インスト曲の 『時を 越えて』に関してはいかがでしょうか 。
Kyrie:本当に率直に言うと、アルバムの中盤にインスト曲を収録したかったのです。そのために創りました。歌詞を入れないのはベーシックなアイディアだと考え、あえてそうしました。

昨年10周年記念のベスト・アルバム『Voyage~10th Anniversary Best Album』をリリースしましたよね。結成10年を経て、続けていくうえでのモチベーションは何でしょうか。
団長:10年というのは確かに長いですが、まだ自分たちには長い道のりが続いていると思っています。音楽でも、ライヴでも、やることがいっぱいあります。はっきりとは言えないのですが、終わらないビジネスのような感覚です。私たちはもっとやれます。これが私たちのモチベーションに繋がっています。冒険は続いていきます !

shikisai_jkt_all_0206

皆さんのキャリアにおける主な3つのポイントは何でしょうか。
団長:一番記憶に残っているうちのひとつが、初めてのワンマン・ライブです。これはまだ覚えています ! あとはメジャー・レーベルでやるようになったことです。音楽ビジネスというのは難しく、多くのバンドがずっとインディーズに残り続けていますが、メジャーに行けば夢が広がりますよね。
Kyrie :確かに。あと一般的にいえば、困難に出くわすたびに乗り越えられるようになってきています。これも私たちのキャリアでは記憶に残ることです。

一番の困難はなんでしたか 。
団長:2年前にフランスのJapan Expoでライヴをしました。ヨーロッパでは初めてのライヴで、全くの無名だったので、どうなるか予想がつきませんでした。日本でお客さんの前でいつもやっていることを、フランスでもやるのはどれほど大変か実感しました。もちろん最終的にはいい経験になりましたが。ライヴの後、また海外でやりたいという気持ちになりました。困難に立ち向かうのが好きなんでしょうね。私たちは自分たちのライヴ・パフォーマンスで、言葉の壁を越えなくてはいけません。体と心で、自分たちのメッセージを伝えてきます。
Kyrie:団長の言ったことから挙げると、私たちの歌詞は日本語なので、言葉の壁には焦点を当てました。さらに、曲間のMCも母国語である日本語で話していたので、よくわかっていないお客さんでいっぱいでした。だから私たちの音楽やそのエネルギーだけで伝えることだけが残されました。本当に大変なことでしたが… このフランスでのライヴの後、こういう感覚は海外でしか味わえないことだと感じました。この経験をまたしたいですね。あとは、パスタ !また海外で食べたいですね、良い思い出です。それとチーズも !
団長:うん… (笑) !チーズもおいしかったですね(笑)。ワインも。(笑)
Kyrie:バケット !フランスでおいしいパンがまた食べたいです、行かなくちゃ !

食べ物に対する熱意のために、ヨーロッパにまた行くんですか 。
団長:これがやる気の源ですね 。(笑)

特別言いたいことありますか。
団長:6月と7月にカナダでライヴをやるので、海外のお客さんに会うのを楽しみにしています。へヴィ・メタルは日本の外で生まれたジャンルですが、日本は独自に自分たちのロックやへヴィ・メタルの延長を発展させていきました。ヴィジュアル系が海外でそうだったように。私たちの音楽はとっつきやすいんだと思います。トラディショナルなへヴィ・メタルやモダン・ロックが好きな人は誰でも、見に来てくださいね !
Kyrie:はい、歌は日本語で歌っていますが、私たちの音楽自体はヨーロッパから影響を受けています。どんな人であっても、楽しめると思います。

インタヴューをありがとうございます。

(c) VERDAMMNIS

FR 🇫🇷 | EN 🇬🇧

You may also like...

1 Response

  1. avril 6, 2016

    […] 🇫🇷 | JP […]

Laisser un commentaire

Votre adresse de messagerie ne sera pas publiée. Les champs obligatoires sont indiqués avec *

%d blogueurs aiment cette page :